車の匠 No.111 ボンドボディ/埼玉県志木市/麓 安雄

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

BOND BODY

YASUO FUMOTO

ボンドボディ

麓 安雄

今回取材させて頂いたボンドボディのマネージャー麓さん。 販売店が舞台、工場は裏方という概念を覆すほど情報を発信し続け、ファンに開かれた工場というスタンスを築きあげてきた立役者。 お客様の話にとことん付き合い、今までなかった車をお客様と作り上げ、お客様に向き合うボンドボディであなただけの一台をカスタムしてみませんか?

取材:サイバーブレーン朝妻

開かれた工場としてどんどん知って頂く機会を作っていきたいですね!

車業界自体はいつからいらっしゃいますか?

板金塗装を始めたのは20年くらい前です。

現在のメイン業務を教えてください。

ボンドボディは自社の板金塗装の部署なのですが、半分くらいは一般ユーザー様や業者さんの依頼も受けています。 私は現在、ボンドボディのマネジメントを担当しています。

元々はボンドボディのスタッフとしてやっていらっしゃったのですか?

ボンドボディが立ち上げて15年になるのですが、立ち上げる前は下請けの会社に勤めていた時に、現在の代表に立ち上げメンバーとして声をかけてもらった事をきっかけに入社しました。 当時はフロント業務も板金も両方やっていました。 それから工場もスタッフも少しづつ大きくなり、ここ3年くらいでフロントがメイン業務になりました。

ボンドボディに入庫される車について教えてください。

ボンドは変わった車を数多く扱っているので、半分は事故もあるのですが、半分はボンドグループからのカスタムに関する内容になっています。 車の塗装されている色を変えたり、エアロの制作やパーツ制作等が多いですね。

お客様の層としてはカスタム色の強いお客様がほとんどですか?

半々くらいだと思います。 ぶつけてしまったので、ちゃんとしたところで直したいと思われている方が、弊社なら輸入車やハイクラスの車両を取り扱っているので安心だと思ってご来店頂く場合も半分くらいありますね。 半分はボンドグループで購入された方や、人とは違う事がしたいと思ってご来店くださるお客様です。

一番の強みを教えてください。

ボンドグープル自体が常に変わったことをしているので、お客様から入庫される車両も変わった物が多いんですよ! お客様からのオーダーもバラエティに富んでいますので、働く側としてもかなり刺激を受けています。 受けた刺激を実績として蓄積できるので、またお客様に提案できている部分は弊社の一番の強みになっていると思いますよ。 板金塗装業って職人として技術を磨く事に特化しているイメージだと言われえるのですが、それが工場への入りづらさにも繋がっていると思ったので、工場から情報を発信できるようにしようと思ったんです。 開かれた工場としてどんどん知って頂く機会を作っていきたいですね!

確かにスタッフの皆さんの雰囲気が明るいですね!

熟練スタッフと若手のバランス的には良いバランスになっていると思います。 社員ってチームなので風通しが良くないと良い仕事もできませんしね! ブログやインスタのアイデアは、お客様の目線を重視した若手スタッフからの意見でスタートしたんです。 そういう意味では、熟練スタッフであっても若手であっても良い提案があればすぐ実行に移すので社員のモチベーションには繋がっていると思います。

マネジメントをする上で社員教育をするポイントは?

マネジメントって本当に難しいんですよ! 多分、先輩が自分たちを教えてくれた時も「難しい」と思われていたんでしょうね(笑) 今いる若手のスタッフは表現の方法が分からなかったり、チャンスに気づく速度が違ったりするんです。 そんな若手の意見や考えを拾い上げて、形にするまで責任を持たせる事が自分の役目だと思っています。

ブログも面白い内容が多いですね!

トレンドのカスタムを作るのではなく、世の中にあまりない物を作っているので、お客様にも喜んでもらえるように、弊社で手掛けた面白い内容を発信するようにしているんですよ! 若手の書いたブログもお客様に評判いいんです! ニッチでコアなマーケットではあると思いますが、弊社からの提案が響いたお客様にとってはたまらない情報になっていると思いますね!

お客様のブログでもカスタム事例が紹介されていらっしゃるんですね!

お客様がお客様を紹介してくださる事が多いんですよ。 お客様のブログもその一つで、お客様のブログを見たという方からもご依頼を頂く事もありますね。 ご紹介頂いた新規のお客様も、弊社とお付き合い頂くと長くお付き合い頂けていると思います。

お客様対応で心がけていらっしゃる事は?

ヒアリングですね。 どこにでもあるものを作る事が少ないので、お客様の話を形にするまでが至難の業です! お客様もイメージを伝える為に、色々な情報をアウトプットしてくださるので、とことんお付き合いする事を心がけています。 時には遠回りしなければ見えないイメージもあるので、作り手側も共通のイメージが見える所まで聞く事を大切にしています。 そうやって出来上がった車なので、弊社でずっと見て行きたいという思いがあるんです。 そのために、お客様の車検や点検の時期にはキチンとお声掛けするようにしています。

これからやってみたい事はありますか?

やってみたい事はどんどんやってきたので、改めて聞かれると困ってしまいますね(笑) 毎日変わった事していますから。 あえて言うなら、これからも見た事のないような車を作るお手伝いをしていきたいです!

ボンドボディに相談してみよう

ボンドボディ

048-485-6151

営業時間:10:00~19:00
定休日:日・祝日

埼玉県志木市上宗岡3-7-6

http://www.bond-cars.com/