車の匠 No.115 AZオート横浜/神奈川県横浜市/岩原和彦

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

AZ AUTO YOKOHAMA

KAZUHIKO IWAHARA

AZオート横浜

岩原和彦

一見強面に見える岩原代表。 インタビューをする中、過激な話を聞いたが、武骨でまっすぐで正義感がありとても人間らしい。 車業界全体の事も考え、お客様もことも大切に考える。 一度の人生を楽しむためのツールの一つに車あり、その楽しみを支えるための車屋があるなら、車屋として正しく生きたいと言った曇りのない目が忘れられない。 この人を味方につけたらイタフラ車ライフは楽しい物になるだろう。

取材:サイバーブレーン朝妻

お客様と共に人生を楽しんでもらうのが仕事なんだから、そこは徹底していないとね!

訪問の際、イタフラ車がズラリと並んでいたのですが、現在のラインナップになったのは何故ですか?

元々僕はイタフラ車のディーラーにいたんですよ。 37年前からこの仕事をしていてね、ディーラーのサービスに限界を感じて来たんです。 当然、仕事ですからノルマもあります。 ノルマを守らなければ看板を取り上げられたり、インセンティブのランクが下がったり・・・ 当然お客様にしわ寄せが来る事もありますよ。 でもね、僕が本当にやりたかったのはお客様の意向を汲んだ仕事。 お客様も満足できて、自分たちも生きられる仕事がしたかったんだよね。

それでAZオートを立ち上げられたのですか?

そうですね。 長く存続しなければお客様の人生のサポートも出来なくなってしまうので、会社もお客様との関係も長く続けられるようにしたいと思って9年前に立ち上げました。

代車表を拝見すると代車もイタフラ車なのですが、これは自社のサービスの一環ですか?

買った車はプジョーでも点検時とか修理の時に、ルノーとかシトロエンとかアルファとかに乗ってみたいと言うお客様もいるんです。 だって、代車でポンコツ軽自動車では失礼でしょう? 我々はお客様に人生を楽しんでもらうのも仕事なんだから、そこはこだわるべきでしょう! 当然、その為の経費はかかりますよ。 ただそこで妥協して経費を抑えて、はたして納得ができるのか? そんな事で利益を残すより、お客様がいろんな車種を毎日楽しんでもらえるなら人生を楽しむ為の必要経費思っています。時には迷いますけど・・・

だからお客様が何かあればAZオートさんを頼りにされるんですね!

それは一部の側面をお客様に認められただけ。 慢心してはいけないと毎日思っています。 長く付き合ってもらうには、お客様や社会から必要と思って頂ける組織になる事。 そのためにはお客様と真剣に向き合っていないとダメ。 長くこの仕事をしているとね、お客様が最初は独り、次は二人、次は三人なんて人生の環境が変わっていく。 だからお店自体も色んな生活の形にお応えできるように変わる努力をして当然!! それを良しと認めて頂けるお客様が長くお付き合いできる関係性を築ける同士じゃないでしょうか? 我々と共に人生のある部分を過ごしてくださるお客様は宝物ですし、我々はそれに応える義務がありますから。

店舗にもサービスにも細やかな配慮を感じます。

子供の目線だよね。 滑って転んで頭打ってもけがしないようにマットを敷いておいたり、子供が手に取れる所にお土産で持って帰ってもらうおもちゃを用意しているんです。 両親が車の話をしていたら子供はつまらないでしょう? 車屋さんに行って楽しかった記憶が残れば、自分も車に乗るようになると思うんです。 「お父さんお母さんとお話させてくれてありがとう」の意味を込めたお土産ですよ!

とてもお客様を大切にされているんですね!

そりゃそうですよ。 ご飯が食べられるのはお客様のおかげですから。 そのお客様に顔向けできないような仕事はするべきじゃないですよ。 でもそういう車屋もいるのが事実。車屋だけじゃなく車業界全体として問題にすべきだと思う事も沢山ありますよ。

車業界の問題点ですか?

車の匠の取材で言うのもなんだけど、未だに不正行為で例えばメーター改ざん等をしている業者がいる。 たまたまうちのお客様が被害にあった事があって、お客様と我々で色々な書類集めたり調べたり管轄署にも提出もしたんだけど、どうにもならなかったんです。 車業界全体のシステムやルール、オークション運営会社の協力がないとこういった被害はなくならないと思うね。 だから車業界のイメージも悪いままなんだよ。 こんな事言うと他の中古車販売店に嫌な顔されちゃうかもしれないけど、業界全体の未来像を考えるなら、問題を真摯に受け止めて仕事をしている車屋はなにかしらそういった意志表示をして行かないとダメだと思う。 販売店ばかりではないんですよ。 個人ブローカーが手数料稼ぎで、船積み前にオークションサイトで出品したりしている場合もあるから、気をつけた方がいいですね。

それなら中古車を買う時はどうしたら良いのでしょうか?

簡単な事です。うちに相談してください。出来る限りの事はします! 本当にユーザーの事を考えてくれる所に相談するのが一番です。

新車販売もされていますか?

元々ディーラー出身なので、今もディーラーさんとは取引もありますし、色んな事で助け合う関係を続けています。 全てはお客様ファーストですよ!

岩原代表の目線が良い意味で中古車販売店っぽくないのはなぜですか?

お客様の目線であり、人間としてあってしかるべき思想ですよ。 精一杯正直に生きたと満足感を持って最後を迎えたいでしょう? そのために今正しいと思う事を全うするだけ。 そして仕事がら車があってお客様がいるのだから、押しつけるつもりは無いけど、お客様の人生の一部を支えるために自分が出来る最大限正しいと思う事をしたいだけ。それだけなんです。

ここまでのお話を伺って業界全体、自社全体をとても俯瞰で見ているように感じます。

言い古された言い方をすると「車離れしている」と言う車屋もいますが、だから何なの? それは言い訳を探して、自分の所の儲けだけ考えている小さな物の見方であり考え方。 僕が大きく見ているとは言わないけど、常に俯瞰で見て考えて、自分が正しいと思っている行動を出来ているのかチェックする毎日の積み重ねだと思うよ。 例えて言うなら、僕が脚本演出をしたシナリオにイタフラ車を販売する社長の役があって、その舞台に登場する人たちが「どうすれば人生を楽しめるのか?」というテーマを探したら歩いてゆける所に車屋があったんです。 いかに社員とお客様を沢山幸せにできる社長でいられるのか? そんなイメージですね。

舞台のようですね!

僕は昔役者だったんだよ! 舞台に立っていたけど、子供もできたら結婚もして舞台だけではやっていけないので求人広告を見て車の仕事をしたんです。 その時から仕事をする上で、自分と出演者が楽しく幸せに生きるシナリオを描き続けるように心がけていました。 だから今のスタイルで仕事ができるのかもしれないね(笑) いつかこの仕事を誰かにバトンタッチできたら、舞台に戻るつもりでいるので応援よろしくお願いします!

AZオート横浜に相談してみよう

AZオート横浜

045-534-9111

営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日(祝祭日の場合営業)

神奈川県横浜市都筑区東山田町894番地

http://az-a.jp/