車の匠 No.162 有限会社マックスクラフト/神奈川県横浜市都筑区/木藤栄二

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

MAX CRAFT

EIJI KITOU

有限会社マックスクラフト

木藤栄二

木藤代表はいつも大きな声で笑っている。とても豪快で気持ちがスッキリするくらい爽快な声だ。笑い声を聞いていると福が寄ってきてくれそうな気さえする。それもそうだ、輸入車の鈑金という専門性がありながらも、実るほど頭を垂れる人であり、ストイックに仕事をする人なのだ。一度マックスクラフトというプロ集団の仕事を見て欲しい。きっと納車の時は代表を初めとする、マックスクラフトのスタッフと大きな声で笑いあえるだろう。

取材:サイバーブレーン朝妻

表面だけ繕ってもダメ、ハートが繋がっていないといい仕事も出来ないものなんですよ。

現在のメイン事業の内容を教えてください。

輸入車の鈑金塗装、修理、整備、車検をメインにしていますが、ここ最近では国産車の依頼も増えてきました。 時代が時代ですからね(笑) マックスクラフトは立ち上げてから25年になりますからね、輸入車の鈑金では老舗に当たるので、輸入車を扱う業者の中でもわりと知名度は築けている方ではないでしょうか?

御社の強みを教えてください。

仕上がり、仕事の速さ、料金設定、顧客対応、そのバランスの良さなのではないでしょうか?仕上がりは良くても顧客対応がダメとか、料金が安くても物凄く時間がかかってしまうとか、顧客対応はよくても料金が高いとか・・・どこか一つかけてもバランスっておかしくなります。会社にとっても、お客様にとっても最善と思う事しかしたくありませんからね!輸入車のノウハウとか仕上がりが~って言うと思ったでしょう(笑)国産車も輸入車も同じ車です。どの車にもプロの仕事ができてこそ本物のプロの仕事なんじゃないかな?

木藤代表は何故この業界に入られてのですか?

高校卒業後、兄の紹介で鈑金塗装の会社で納車引き取りの手配をしていたんです。そこから鈑金塗装の工場で修行を初めて、車業界自体はもう40年になります。長いでしょう(笑)車の仕事って私の時代はやればやるだけ稼げる仕事だったんですよ。車が趣味になってしまっては仕事として出来なくなってしまうと思っています。だからあくまで仕事として、プロの仕事をお客様に提供することが私たちの務めだと思っています。

40年も同じ仕事を続けられるモチベーションはどこから?

小学校からアルバイトをしていたので、仕事に対するハングリー精神が根源なんだと思います。自分の家族も、従業員も生活して行かなくてはいけませんからね!そのためには人一倍といわず、二倍三倍の仕事をして行かなくちゃ!と思ってがむしゃらに仕事をしていたら40年が経っていたという感じじゃないですかね(笑)

長くこの仕事をしていると大変な事もあったのでは?

いや~!実はね、大変だとか苦労したとかあまり感じた事はないんです。修行時代を振り返ってみると、丁寧に教えてくれる親方もいましたし、見て覚えろという親方もいました。でも、その当時は無我夢中で「誰よりも先に技術を身につけたい!」「早く一人前に稼げるようになりたい!」と思っていましたからね、そんなに「苦しいな~大変だな~」と考える暇もなかったんですよ(笑)試練はね、神様が与えてくれている物だから「有難うございます!」と思えるようになったら一端ですよ!

ストイックですね!!!

「人の2倍働いて、人の2倍遊ぶ!」が私のポリシーなんですよ。昔は沢山働いて、

沢山遊びましたけど、今は頭と体が一致しなくなりましたからね~!そんなに元気に遊びまわる事もなくなりましたよ(笑)

働き者の姿勢が評判をよんで今のマックスクラフトさんがあるんですね!

そうだと良いですけど(笑)今のお客様は昔からお付き合い頂いているお客様も多いので、私ががむしゃらに働いている頃を知っている方がほとんどですよ。

顧客対応で木藤代表が一番大切にされている事は?

最後はハートとハートのお付き合いでしょう! 表面だけ繕ってもダメ、ハートが繋がっていないといい仕事も出来ないものなんですよ。 いかにお客様の気持ちを汲み取るか、いかに伝えたい事を納得いく形で表現できるかなんじゃないかな?

その思想が社員の皆様にも浸透しているみたいですね!とても明るい対応を頂きました。

今は職人10名ですけど、全員がそう思ってくれているかは分かりません。でも、みんな自分が良いと思う対応をしてくれていると思いますよ。とくに私が厳しく何か指導しているって事は無いんですよ(笑)

鈑金の他に販売はされていらっしゃいますか?

お客様からの依頼があれば広尾に弊社のブランチ、ショールームがあるのでそちらで手配をしています。

現在の課題について教えてください。

輸入車の鈑金って、専門性が高くなればなるほど敷居が高いと思われるので、その敷居は高くないという事をいかにして伝えるかが課題ですね。私自身、いつもそんなスーツを着てかしこまっている人間ではないので、気軽に相談して貰える話しやすい雰囲気はいつも持っていたいと思っています。それは今までもこれからも課題ですよね。ずっとディーラーに行っていたお客様にも、弊社のような所がある事を知って頂かなくては仕事になりませんからね(笑)

今後やってみたい事はありますか

これまでやりたい放題やってきたんですよ(笑)もちろん仕事をね!本当にめいっぱいやったから、これからは自分の時間も少しは作って最近始めたゴルフにも行けたら良いな~って思っています。 ずっとストイックに仕事ばっかりじゃ体の中にストレス溜まっちゃうでしょ?体動かして、声出して笑って、発散しなきゃね!

有限会社マックスクラフトに相談してみよう

有限会社マックスクラフト

045-939-0299

営業時間:月?土曜 8:30?19:00 日曜 11:00?15:00
定休日:年中無休

神奈川県横浜市都筑区池辺町4460

http://max-craft.com/