車の匠 No.167 日本ジープセンター/東京都狛江市/黒岩政明

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

JAPAN JEEP CENTER

MASAAKI KUROIWA

日本ジープセンター

黒岩政明

ユーチューブで見た黒岩代表は遊びの達人で、ジープ界のレジェンドであり仙人。 取材時に目の前でジープのエンジンを手動でかけながら、昔の車は丈夫で、直しやすく出来ていた事を教えてくれたのだ。 とくに細かなうんちくを語るわけでもなく「ほらね!こんな風にできるんだよ!」とエンジンを回して見せてくれた。 レジェンドでも仙人でも黒岩代表に合えば、ジープに魔法がかかるだろう。

取材:サイバーブレーン朝妻

子供の時に見たジープの記憶が強烈に僕の脳裏に残ったんだよね。

ジープ一筋何年になられますか?

40年くらい前かな?ジープしか知らないんだよ(笑) 子供の時に見た進駐軍がジープに乗っている姿をみてね「あ~かっこいいな~!」と思ったのがきっかけだね。

かなり幼少期なのですね!

そうなんだよ。子供の時に見たジープの記憶が強烈に僕の脳裏に残ったんだよね。 静岡の川奈ホテルっていう所があってね、大島も見渡せる良い場所なんだけど、そこに米軍が来ていたんです。 ホテルに続く道で行きかうジープをみた記憶が今の僕に繋がっているんじゃないかな?

ジープの魅力は?

昔の車だけどね、メンテナンスしていたら海でも山でもどこでも行ける力を持っている所、そんな性能を保持しながら長く乗り続けられるじゃない? コンピューターが入っていなくてもガンガン直せるし、馬力もあるし、そんなところがジープの魅力だね!

ジープセンターを立ち上げられたのも40年前なのですか?

昔の事だからね、気が付いたら40年もたったんだ~という感じですよ(笑)

歴代の愛車もジープですか?

そうだね。今はちょっと違うのに乗っているけど、ずっとジープばかり扱ってきたからそれが僕のスタンダードだったんだよ。 他の車も良いのは分かるんだけどね(笑)

古いジープがズラリと並んでいましたね!

1952年以前の物もあるんだよ。 太平洋戦争が終わってからの物で、MBっていう種類のジープをとりあつかっています。

そんなに古い物だと仕入れが大変なのでは?

そんな事もないんです。 もちろんオークションに出回る事は多くありませんよ。 マニアの間で流通しているのが、廻り廻って弊社に来るんです(笑) やはり長くジープを扱っていますからね、お売りになりたい方は全国からお問い合わせくださいますし、買いたい方も全国からお問い合わせくださるようになりました。

ジープを売って別の車種がほしいというリクエストにもお応えするのですか?

それはそうですよ~! 弊社にある在庫もいつも2~3台くらいだからね。 お客さんが欲しい車がいつでもあるわけではないんです。 お客さんの希望の車種が無ければ探してくる事もありますよ。

車の販売のほかに何かされていらっしゃいますか?

修理もやっていますけど、その他にはケミチューンというオイル添加剤を販売しています。 弊社が総卸元なんです。 ケミチューンがあるから昔のジープでも上手く動いてくれるんだよ! 旧車やクラッシックカーもケミチューン使わないとね(笑) あとはジープに関連する物を販売もしていますよ。

関連する物?

カーアクセサリーとかジープにつけるウィンチとか。 新品もあれば、中古車で廃車にする物から部品取りした物まで、いっぱいあるよ。 こういった部品は取っておかないと古い車を直せないからね。

お客様対応で心がけている事は?

特に変わった事はしていないよ。 ジープに乗る人には特徴があってね、この車種に乗っている人ユニークな人が多いんだよ。 ジープだとミニタリー好きの人がわりと多いね。 ジープに限った事じゃないかもしれないけど、古い車を好んで買う人は面白いんだよ。 だから、こちら側がお客様対応で立派な心がけをしていたって、お客さんがそれを求めてなければ心がけでも何でもないんだよね。 あえて言うなら、お客さんが求めている物、求めている事を汲み取る事かな?

これまで沢山取材も受けられていますよね?

そうだね。いっぱい受けたよ。テレビもあったけど雑誌の取材が多かったかな? テレビの取材を受けたやつはユーチューブに上がっているよ! 随分と若いころのだけどね(笑) 今回みたいにWEBだけの取材は初めてだよ。もっとちゃんとしておけばよかったな!(笑)

日本ジープセンターに相談してみよう

日本ジープセンター

03-3489-5902

営業時間:11:00~18:00
定休日:毎週水曜日/年末年始/臨時休業あり

東京都狛江市岩戸北 4丁目17-15