車の匠 No.184 株式会社スタディ/神奈川県横浜市港北区/瀬下幸史

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

STUDIE

KOUJI SESHIMO

株式会社スタディ

瀬下幸史

店舗に入ってまず目に飛び込んだのはBMWをアートの一部にしている店内の作り。「いらっしゃいませ~!」というスタッフの明るい声。 本当に心地よい瞬間からスタートした取材でした。 瀬下店長から伺ったお話全てに、BMW愛とスタディ愛が感じられる内容。 これだけ真摯に仕事と車、車と人に向き合っていたら接客を受けた人も心地よさを感じずにはいられないだろう。

取材:サイバーブレーン朝妻

常に心がけるのは「お客様の期待値を超えること」ですね。

現在のメイン事業について教えてください

全国で5店舗、BMWとMINIの専門店を運営しています。 業務内容としては「TDMM」と称しているのですが「T」(Tuning)「D」(Dressup)「M」(Maintenannce)「M」(Motorsport)が主な内容になります。

一番重要なポイントとされているのはTDMMのどこになりますか?

「M」(Maintenannce)ですね。 ベース車両が良い状態でなければ、どんなにチューニングをしてもドレスアップをしても良い状態とは言えませんよね。 チューニングに関しても、走りを楽しみたいBMWのユーザー様が多いのでメンテナンスをしっかりした車両にサスペンション等のチューニングをしていくことで、より走る喜びを味わっていただきたいと思っています。

スタディのドレスアップの特徴は?

基本的にはこちらからスタディのコンプリートカーといったスタイルを勧めることはないんですよ。 あくまでお客様の好みのホイルやエアロをチョイスしていただいて、迷ったり悩んだりした時はご相談をいただいています。 あえて申し上げるとしたらセレクトショップのような感じです。

オリジナルのパーツは製作されないのでしょうか?

一部を除いて、サスペンションやホイルやエアロパーツ等をオリジナルパーツとして展開する予定はありません。 あくまでセレクトショップなんです。 これだけメーカー側で洗練されたものを作られているので、お客様にはそこからチョイスしてもらうようにしています。 お客様からご要望が多かった低ダストのブレーキパッドは弊社とディクセルのコラボ商品として作らせていただきました。

一番の強みを教えてください。

モータースポーツの事業でスーパーGTに参戦しているので、レースで培ったノウハウをお客様にフィードバックできることですね! 今まで車は持っていてもレースに興味がなかった方も沢山いらっしゃいます。 そういった方にもモータースポーツに触れる機会をご提供して、新たな楽しみ方をお伝えしていけるところも強みの一つだと考えています。

5店舗はそれぞれ違う特色を出されているのでしょうか?

5店舗どこでご依頼いただいてもサービスの質が変わらないよう、リフトやアライメントテスター、診断機やBMWの特殊工具等の機材は同じように揃えています。

車の販売はされないのでしょうか?

車両の販売はしていませんし、BMW以外の車をメンテナンスすることもドレスアップすることもないんです。 お客様はディーラーで購入されるか、中古車で購入されてから弊社にお見えになられています。

本格的なプロショップなんですね!

そうですね。 日本にはBMWの専門店は少なくないと思うんです。 欧州車全般、特にBMWが得意ですという店舗もありますし、販売からメンテナンスまでやりますという店舗も中にはあると思うのですが、弊社は完全にBMWだけに特化した形でメンテナンスからドレスアップまでお客様に楽しんでいただけるように営業をしています。

瀬下店長がお客様の対応で心がけているポイントを教えてください。

常に心がけるのは「お客様の期待値を超えること」ですね。 例えば「車高を変えたいできるだけ安く仕上げたい」というお客様が多いのですが、サスペンションも10万円くらいのものから良いものだど40万円くらいするものまで様々なんです。 数字だけを見ると安い方が良いと思って相談に来られたお客様でも、価格差以上の性能差を我々プロは分かっているので、お客様に安かろう悪かろうの買い物をしていただくより良いものはこんな風に違うと言うありのままをご案内するようにしています。 高いものが必ずしも良いものというオススメはしていません。 プロの目でしか知りえないことをご案内することでお客様の満足度も格段に変わってくるんですよ!

スタッフの皆さんからもそういった明るい雰囲気を感じます!

スタッフ全員「この車が自分の車で、○○万円の予算だったらどうする?」を考えて一番良いものを提案するようにしています。 特にものすごい社員教育をたたき込んでいるといったことはないんですよ。 接客やお客様のオーダーにお応えする際も、新人社員の隣にベテラン社員がついて吸収していっている感じです。 なにはともあれ弊社のスタッフ全員BMW好きで、BMWのプロですからね!

瀬下店長はいつからこちらで仕事をされているのですか?

会社自体は今年で23年目を迎えているのですが、私は24歳からスタディにいるんです。 入社する前に20歳でBMWのE36の328クーペを買って楽しんでいたんですけど、その時に横浜にスタディができまして、当時は専門店は少なかったので私もスタティのお客さんの一人として行ってカスタムをしていたんですよ。 当時は社長と専務が2人でやっていたところだったんですけど、そこで自分の車のチューニングが始まり、出来上がる工程や走りの変化を知るたびに感動を覚えるじゃないですか。 同じ感動を共有できる社長や専務と意気投合してしまいまして、気が付いたら社員になっていました(笑) 実は弊社の社員、そのパターンが結構いるんですよ。

これからこの店舗でやっていきたいことは?

各メーカーとのタイアップイベント等に力を入れていきたいですね! 例えばサスペンションの乗り比べといった感じの体感試乗会をやって、お客様が納得するパーツを見つけてもらいたいなと思っています。 もちろん体感していただくのは我々プロが厳しい目で見てキチンとオススメ出来るものなので。 お気に入りの一品が見つかると思います!

株式会社スタディに相談してみよう

株式会社スタディ

045-476-3181

営業時間:平日土日祝日 10:00-19:00
定休日:火曜日・第2週、第4週水曜日

神奈川県横浜市港北区岸根町61-2

http://www.studie.jp/