車の匠 No.190 株式会社 パティオ/埼玉県所沢市/繁田謙二

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

PATIO

KENJI SHIGETA

株式会社 パティオ

繁田謙二

派手なことを望まずコツコツやってきた足跡を知らなければ、ただただ輝いて見える。 これまでの道のりを迷い、悩み、考え、決断してきたのが繁田代表なのだ。 血の通った付き合いをできるスタッフを育てながら、お客様へ血の通ったサービスを提供できるのがPATIO所沢。 その体制を作るため取り組んできたことはこれからも続いて、きっと関東一円にPATIOの看板は広がっていくことだろう。

取材:サイバーブレーン朝妻

「販売ももちろん、クレームも真剣に対応しよう!」これは僕の勝手な信念。

起業の経緯を教えてください

今年で設立20年になるんですよ。 もともとはね、日本大学在学中に車屋さんで洗車のアルバイトをしていたんですけど、そこの代表も日本大学の出身だったんです。 大学を卒業する時に代表から「就職どうするの?」と聞かれて「車関係をやってみようと思います」って言って、その会社で販売を担当してみたらそこそこ売れたんですよ(笑) 最初は無理かな~と思ったんだけど時代が良かったんだと思っています。 これ以上できないくらい車の販売をやってみて、ちょっと道が開けてきたんです。 昔から独立したい気持ちが大きかったから、とにかくがむしゃらに3年お金を貯めたんだよ。 サラリーマンは実質3年半くらいしかしていなくて、貯めた資金を元に仲間3人と中古車販売店を立ち上げました。

設立当初からこの場所で仕事をされていたのですか?

いえいえ、違う場所。 26歳で独立した時は自宅事務所でやっていて、テーブルもFAXも電話も無い悲惨な状態からスタートしたんだよ(笑) 最初はカバン一つ携帯一つで今までの顧客を回って「オイル交換でも何でもいいので仕事ください!」ってお願いして回ったりしてたな~! サラリーマン時代にロサンゼルスで野茂さんの試合を見て影響をうけたんだよね。 だって凄くない?単身アメリカに乗りこんで腕一本でドジャーススタジアムの観衆が「ヒデオ!ヒデオ!」って地鳴りみたいな歓声を上げるんだよ! 「独立するならもう今だ!アイツもこんなにやってるんだから俺もやっちゃおう!」って背中押されたから、カバン持って毎日お願いして回ることも苦にならなかったね!

今でも同じ志で立ち上げたメンバーはいらっしゃるんですか?

今はみんな独立したよ。 漫画のワンピースみたいな感じ(笑)欠けたものを3人で補い合って仕事していたな~! 「半年食えなかったら辞めよう!」ってその時3人で決めてたんだよ。 それぞれの志を叶えるために違う道を選ぶ時もあるけど、今でもみんな活躍はしているよ! 本当にここまで人には恵まれたと思っていますね。 もちろんトラブって辞めた人もいるし、その時は自分を見直して反省すべきポイントを見つけるチャンスにもなった。 辞めていくメンバーがいて悲しい思いもしたことはあるけど、仲間や従業員には恵まれたと思っています!

怒涛の20年でしたね!

最初はホントお金なくて本当に何も無かった(笑) ちょっと利益出せたら「机買おう!」次の年もうちょっと利益出せたから「電話引こう!」って始めて少しずつ進んできた20年だったな~! でもね、経営者の最低限のルールとしてスタッフへの給与遅れも未払いも一度も無いよ! そこだけはもう必死!!!(笑) そこから店舗を広げたり、人を入れたりして20年でここまで来たよ。

ここに移転されたのはどのくらい前ですか?

10年前くらいになりますね。 自宅兼店舗の場所から、東久留米に店舗を出したり、新座にも出して、それぞれそこに店長を置いて広げていった感じ。

起業当時から今までで感じられる変化はありますか?

昔は面白い車が多かったよ! 国産のスポーツカーを沢山扱ったりしていたけど今は少なくなったかな。 今はお客様に求められている車が多いね。 新車販売はカーベルの仕組みで「新車市場」っていうのがあって、そこにも力を入れて行こうかと思っています。

10年間この場所だとかなり地元のお客様に認知されていそうな印象を受けます。

そうですね。あいがたいことに地元のお客様は多いですよ。 僕もこの近くに住んでいるので、帰りにスーパーによるとお客様に声をかけてもらえるんです! 弊社のステッカーを貼ってくださっている車はこのあたりでよく見かけるようになりました。 10年でかなりの販売台数になりましたからね。 弊社のステッカーが貼ってある車両を見かけると嬉しくなりますもん!

それだけ沢山のお客様とお付き合いできる秘訣を教えてください。

「販売ももちろん、クレームも真剣に対応しよう!」これは僕の勝手な信念。 起業してからずっとそう思ってやってきてるんだよね。 昔はメーター改ざんとか、いろいろ良くないことをして利益を得ているところもあったと思うんです。 起業からの信念を貫こうと思ったらさ、そんな難しいことじゃないんだけど、ホント真面目にコツコツ喜んでもらえる仕事してたらいいだけなんだよ。 最初の僕の計画としてはもっと会社が大きくなっていたはずなんだけど、そんなに派手に手を広げるよりも真面目にコツコツやっていけばいいのかな?って思えるようになってきたんだよね。 だから特に「コレを頑張っていますっ!」て秘訣はないの!(笑)

繁田代表が接客をする上で一番大切にされていることは?

人との繋がりを大切にしていますね。 ありがたいことに紹介のお客様がとにかく多いんですよ! 早くお客様と仲良くなりたいから、お客様との共通点を早めに見つけたり、お客様の状況だとかライフスタイルを聞きながら一緒に車のことを考えるようにしています。 お客様に車を売るというより、お客様と人付き合いをするっていうイメージに近いんだと思う。 とはいえお客様に避ける時間っていっても限りがあるじゃないですか! だから僕ね、24時間絶対に携帯の電源は切らないんですよ! みなさん常識あるお客様なので、ほんとによっぽど何かがあった時しか営業時間外に電話は来ないんですけどね! でも、その「よっぽど何かかあった時」っていつかわからないですから、そこには備えています。

現在の課題は?

店舗スタッフの育成ですね。 僕がいつリタイアしてもお店が回る体制づくりをして、このお店を次の代に残していくこと。 とはいえ、まだまだリタイアできませんよ(笑) ここでもっともっとやりたいことはありますからね!

これからやってみたいことは?

お店はもっと大きくしていきたいと思っていますよ! 車業界でできることは着実に一つずつやって来ているので、全国展開まではいかなくとも関東一円には広げたいと思います! あとは・・・・・・・西武ライオンズの球場にPATIOの看板を出したい!(笑) やっぱり地元ですから!

株式会社 パティオに相談してみよう

株式会社 パティオ

04-2951-7111

営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜定休

〒359-0023 埼玉県所沢市上安松818-1

http://www.patio-style.com