車の匠 No.196 有限会社スターロード/東京都江戸川区/井上正嗣

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

STARROAD

SYOUZI INOUE

有限会社スターロード

井上正嗣

苦労してきた話を昔あった笑い話のように話す、井上代表。 考え方にブレが無く、一つ間違えば抱え込みすぎてしまうのではないかと心配になったが、 それでもやり通してしまうのが井上代表の、スターロードの魅力なのだ。 物の値段ではなく、こだわった車のカスタムに価値を見出す人ならスターロードに相談して間違いないだろう。

取材:サイバーブレーン朝妻

旧車とは言え車だからね、完璧で快適じゃないと嫌なんだよ!

設立からどのくらい経ってらっしゃいますか?

約25年前に立ち上げたんだけど、その前は整備の仕事をしてた。 とにかく車が好きで、自分の車もチューニングして楽しんでたんだけど、25歳までは遊ぼうと決めていたからきっちり25歳までは仕事しながら遊びまくってたよ(笑) いざ25歳になったときに「さぁ!どうしよう?」って思って、中古車販売店に無料で働かせてくれって言って弟子入りして、販売に関するノウハウを勉強しまくったね。 それまでいい加減に生きてきたと思うけど、その会社が車のルームクリーニングに3日くらい徹底してやるところだったから、ちゃんと仕事をやるってこういうことだなって思うようになった原点かな。

起業して大変だと思ったことは?

はじめは屋根もないし、電気も無いから焚火たいて仕事してたな~! 工具も少しずつ買いそろえて、水道も引いてなかったからポリタンクで水汲んで持ってきたりしてた! 本当に裸一貫でやってた!ダサかったな~!!!(笑)

その時からGTRやフェアレディZに特化した仕事をされてたのですか?

自分が好きで乗っていたからね。 最初の車もZがほしかったんだけど高くて買えなくて、グロリアに乗ったんだけどすぐダメにしちゃった(笑) それからフェアレディZとか色々乗ったから、自分が感じた楽しさを共感できる人と共有しようと思ってたらスターロードが今の形になった感じ。

現在のメイン事業について教えてください。

旧車の車両カスタムとオリジナルパーツの販売です。 パーツは、バンパー、エアロ、ホイールなんかをオリジナルで作っているんです。 弊社の場合、フルオーダーでベースから外装までありとあらゆる事をしていますね。

エアロのデザインは井上代表が手掛けていらっしゃるのですか?

まず、自分で絵を描いて、デザイナーの友人に清書をしてもらうんだけど、エアロの雰囲気を伝える時の意思疎通って難しいよね(笑) デザインはその時のベース車両から受けるインスピレーションだけ!

ベースになる車両の仕入れが難しそうですね!

そうですね、数は少なくなっていると思いますよ。 なんだかんだ旧車好きな人が集まっているコミュニティーもあるので、そこから入ってきたりすることもあります。

今ファクトリーにある車もレストア中なのですか?

中がなにも無いように見えるでしょう? ところがこれでもいろいろしてあるんですよ! バラバラにするのは簡単なんだけど、何もない状態から溶接して、ボディの補強をして、シーリングを詰め直して、断熱と遮音するの。外装なんて結構大変なんだよね(笑) 全部外して中まできれいにサビ落とししてやるんだから。ボディーをオール剥離するとパテ・プラスチックの板・FRPなどで錆が隠されていて、パテ等を剥がすと大きな穴そして穴の奥の鉄板もボロボロなんてよくある事。 それを全部大きくカットして一枚の鉄板から制作しているんだよ。人間で言うと病気になったところを切除するのと同じ感じ。ほっとくとどんどん進行しちゃうから。

すごく根気が必要なんですね。

1年かけて車を作りこんで~なんて言われているけど、1年じゃ終わらないことの方が多い! よっぽどメカニックが何人もいる工場じゃない限り1年で全部終わらせるなんて無理! 溶接とかもものすごく地味な作業だけどきれいにやろうとするとそれなりに時間かかるんだよね。 ココは数人でやっているけど旧車とは言え車だからね、完璧で快適じゃないと嫌なんだよ! だから何年か待ってもらってるお客さんもくらい!

今後手掛けてい見たい車種はありますか?

ない!まだまだ自分の極めたいところに達していないもん!

ストイックですね!!!

昔乗ってた人って、GTRにしてもZにしても美化された記憶が残っているんだよね。 今実際に乗ると「え?こんなのだったっけ?」ってギャップが出るじゃない? 最近の国産車だとよく出来てるから、余計にそのギャップは感じると思う。 なんだかんだ言ってもやっぱり旧車だから。 ストイックに突き詰めて考えているのは「乗って疲れない車づくり」 がっちりカスタムしてチューニングして作りこんだ車なのに、どこか出かけてついたとたんに「あ~疲れた!」ってため息つきたくないじゃん! こだわるのは、GTRらしさとかZらしさもあるけど、究極はそこだよ。

ドライバーの疲れないセッティングができるなんて究極のチューニングじゃないですか?

チューニングはチューニングでも、早くする事ばかりがチューニングではないからね! 普通の人が乗っても乗りやすいように作るのがチューニングじゃないかと思うんだけど、普通にするっていうのが案外難しいものなんだよ! キャブレーターからインジェクションになるとつまらなくなっちゃうから、キャブレーターのままいかに快適に乗れるかが自分たちだけじゃなく、各工場の腕の見せ所なんじゃない?

これから旧車に乗りたいと思う方へアドバイスをお願いします。

色々乗ってみてからココに来てほしい。 ラーメン屋でもなんでも食べ比べするでしょう? GTRでもZでも乗り比べてみてからココに来た人は、車を作る人間でこんなに違うんだ!ってわかってもらえるからね!

有限会社スターロードに相談してみよう

有限会社スターロード

03-5668-5675

営業時間:10:00-20:00
定休日:不定休

東京都江戸川区北小岩8-23-1

http://www.starroad.co.jp/