車の匠 No.228 F-Performance/東京都江戸川区/小椋則一

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

F-PERFORMANCE

NORIKAZU OGURA

F-Performance

小椋則一

お客様と同じ車に乗り、お客様と同じ目線に立って考える。 それが小椋代表。 自らがカマロやファイヤーバードをこよなく愛しているからこそ、お客様の気持ちが分かり車の調子も分かる。 どんな小さな不調でも小椋代表なら安心して相談できるだろう。

取材:サイバーブレーン朝妻

せっかくカッコよくキメたのに車の調子が悪くて走れなかったらもったいないでしょう?

起業の経緯を教えてください。

Fパフォーマンスとしては16年目なのですが、その前もこの場所で同じことをしてたんです。 前の代表が引退することになって、自分がこの場所で仕事をするようになりました。 実質23年くらいこの場所にいるんじゃないかな?

その時からカマロやファイヤーバードをメインにされていたのですか?

そうですね。 前の代表の時からカマロ、ファイヤーバードを専門でやっていました。

2車種に絞られたきっかけは?

元々私がカマロやファイヤーバードを好きだったんですよ。 20歳の時に初めて乗った車がカマロでした。 今は1973年のファイヤーバードに乗っています。 当時は自分より少し年上の先輩がかっこよく乗っている姿を見ていたから、憧れの車がアメ車だったんですよね。 先輩の姿を見たり、自分が乗ってみるようになって「いつかこういった車を手掛けるお店を持ちたいな」と思うようになりました。

ユーザーとしてはカマロ、ファイヤーバードのお客様ばかりですか?

9割以上はカマロ、ファイヤーバードをお持ちのお客さんですね。 お客様の中でも、もう一台アメ車を持っているという方からフォード系の修理依頼をいただくときもありますけど、ほとんどはカマロかファイヤーバードの修理だったりメンテナンスですよ。 全国紙にも専門店として掲載されているので、他の車種で依頼が来ることはまずないですね。

全国紙に載るとお問い合わせも全国各地から来そうですね!

北海道から沖縄まで全国から来ますよ。 一番多いお問い合わせは修理です。 パーツもある程度は揃えているんですけど、もう皆さん自分でWEBで調べて買うことが出来るでしょう? だからパーツの問い合わせより修理の問い合わせの方が断然多いんですよ。 今入っている車も広島から修理依頼があって私が積載車で引き取りに行った車なんです。

小椋代表が納車引き取りもされるのですか?

地域によってはしています。それも全部ご相談をいただいてから考えています。 自走できるのかっていう問題もありますし、さすがにものすごく遠い場所だとお店を開けて何日も不在っていうのは難しいですからね。

店舗の前にあったファイヤーバードもペイントやカスタムがされていたのですが、デザインは小椋代表が考えられるのですか?

お客さんと一緒に考えるのが基本なんですけど、お客さんの好みや年齢層から「こうした方がカッコいいよ!」といった提案をすることはありますよ。 若い方なのに割と純正に近い状態で乗っていて先輩から褒められたのが嬉しかったといったお話を伺った時は、そのお客さんが喜ぶような提案をするようにしています。 なんでもかんでも派手に!っていうわけではないんですよ(笑) 「子供っぽいからそれはどうかと思うよ」といった手厳しいアドバイスをすることもあります。 僕等はやっぱり専門店としてやってきている経験値があるので、お客様の年代層や趣味嗜好に合わせたコーディネートができなくちゃね!

どういったところのカスタムを提案されるのですか?

エンジンが元々の調子、もしくはそれ以上のパフォーマンスが出せるようにチューニングすることや、内外装、マフラーがメインになりますね。 お客さんと話をして、どこに遊びに行きたいだとか育った環境なんかを伺うと、車高一つとってもどういったカスタムが似合うのか見えますよ。 でも、カスタムも楽しいんですけど車が調子よくて快適に乗れることの方が重要なんです。 せっかくカッコよくキメたのに車の調子が悪くて走れなかったらもったいないでしょう? 中も外もお客さんが乗っていて満足できるように仕上げるように心がけています。

販売もされているのでしょうか?

していますよ。 今は在庫が6~7台くらいあります。 オークションでたくさん出ているような車ではないのでユーザー買い取りがメインですね。 そうすると10年~20年私がメンテナンスをしていた車っていうのもあるんですよ! そんな感じで買い取ったものを弊社で修理してから再販しています。

修理に来た車をみてお客様のことが分かりますか?

それはわかりますよ。 私も同じ車のユーザーですからね。 大切に乗りすぎてポテンシャルを引き出せていない車もありますし、消耗品をみて運転技術がわかったり、車から読み取れることはたくさんありますよ。 それが読み取れると修理後のこともある程度準備しておくことができるんです。

修理後の準備ですか?

同じ車のユーザーなので、車特有の弱い場所や消耗するパーツも分かりますからストックして備えておくことができるんですよ。 遠方のお客さんなんかだと電話で症状を聞けば、このパーツの故障だと分かるので、連携している工場にパーツを送って交換修理してもらったりするんです。 購入された後、メンテナンスをした後、やっぱり車の調子が良い状態で乗ってもらいたいからパーツの備えは大事にしていますよ。

安心して皆さんツーリングに行けますね!

弊社でも時々お客さんを集めてツーリングに行くんですよ。頻度でいうと年に2~3回くらいかな? 今年のゴールデンウィークは初の都内ツーリング?!をしました(笑) この時はカマロ、ファイヤーバード、以外にもコルベットのお客さんもいましたね。 その前はお正月の時期に茨城県の霞ケ浦まで行きました。 一番遠くても日帰りなので長野県の佐久市まで行ったことがあります。 ツーリングに集るようになって同じ趣味の仲間ができることもあるんですよ。

お客様の層について伺ってもいいですか?

私がここで仕事を始めた時は30代のお客さんが多かったんですけどね、最近は20代から70代くらいまで幅広くなりましたよ。 若い世代のお客さんは「父親がアメ車乗っていました」って言う人が多いのが特徴かな?

幅広い年代のお客様がここに集まれるって素敵ですね!皆さんがここに集まれる秘訣を教えてください!

お客さんが楽しく車に乗れるって大事じゃないですか! 私も同じ車に乗るユーザーなので、お客さんの立場に立って一緒に考えられるんですよ。 お客さんと共感しながら車を仕上げたり走らせることかな?!

本当にお好きなんですね!

そうですね。 先日も仕事が終わってから一人でぐるっと走りに行ったりしているんですよ。 仕事が終わってから洗車して軽くワックスをかけて、先日は都内の方に行ったりお台場の方に行ったりしています。

現在の課題は?

アメリカの車なので排気量が大きいじゃないですか? そうすると税金が高くなってしまうので、それがなんとかならないかな?(笑) 税金が安くなったらもっといろんな人がアメ車を楽しめるのにな~って思うんですけど・・・ とはいえ、私だけじゃなんともできないですもんね(笑)

今後のやってみたいことは?

私の考えはもう決まっているんです。 そんなに派手にイベントに出て宣伝をするわけでもないので、着実にお客さんの車を良い状態で乗ってもらってなんぼですからね! 1台1台着実に直して長くお客さんにカマロやファイヤーバードを楽しんでもらうこと! それだけですね(笑)

F-Performanceに相談してみよう

F-Performance

03-3676-5515

営業時間:10:00-20:00
定休日:水曜日

東京都江戸川区新堀1-20-7

http://www.f-performance.jp/