車の匠 No.231 ユナイテッド・グルーヴ/東京都府中市若松町/後藤武

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

UNITED GROOVE

TAKESHI GOTO

ユナイテッド・グルーヴ

後藤武

後藤代表の柔らかい口調と人懐っこい笑顔からは想像できない程、真剣に経営を考えお客様の希望を叶えることに実直な現在の業務スタイルを聞いた。 それでいて、お店の雰囲気もスタッフも明るく居心地の良さすら感じる。 不思議な感覚で取材を進める中、後藤代表が大きな志をもって現在は通過点という話はとても真実味があり、今後も面白いカスタムを作ってくれるだろうと思わせてくれた。

取材:サイバーブレーン朝妻

納車した車をお見せした時に「わぁ〜!」って驚いてくれる顔が見たいんです。

起業のきっかけを教えてください。

サラリーマンとして仕事をしていた時に、遠隔操作が可能になるカメラシステムを高機能救急車が全国に1,000台くらいあるんですけど、その救急車にカメラシステムを設置するという話が友人から入ったんです。 コンピューターを設置するユニットしかなかったことから「見栄えもよく、使い勝手も良くなるような設置方法はないかな?」と友人から相談をうけ、休日の度に内装カスタムを手伝っていました。 モニターの位置や配線、カメラの位置、カメラを設置する土台を隠すためのケースを作ったり、試行錯誤しながら休日を過ごしていました。 それが全国の高機能救急車に設置されたら最終的にものすごい金額の仕事になる!と思ったのが起業のきっかけですね。

その自動車の作業をするためにこちらのショップをオープンされたのですか?

最初はそうでした。。アタッチメントだとか、付属品の制作と取り付けをするためにこの場所を借りました。 僕が38歳の時です。 結局その高機能救急車へカメラシステムを入れたのは20台くらいで、僕が車を作っている間に仕事の発注元が政府関連だったので担当者が変わったりして途中から無くなったんです。

かなりの大打撃じゃないですか?

自分の力でやっていきたい思いもありましたし、高機能救急車も会社の1部門という気持ちでいた事もあって大打撃では無かったんです(笑) 他にもやりたい事があったので「次行こう!」って思えましたね! きっかけと今やっているメイン業務はなかなか結び付きずらいと思うんですけど、僕の中ではどれもカスタムという大きな枠の中だとは思っているんですよ。

現在のメイン業務についても教えてください。

メイン事業としてはコーティングなんですけど、コーティングは弊社でできる事の技術の一つなんです。 起業する準備をしているとたくさんの業者さんとも出会うんですけど、その時期に僕をすごく応援してくれたのがディークリスタルコートを販売している有限会社四郎の重田代表でした。 重田代表が「東京で看板を出して大きくやろう!」と言ってくれたのが現在のスタイルになったターニングポイントですね。 いろいろできる中で一番需要として大きいのがコーティングだったので、WEBでもそこがフィーチャーされた作りにはなっています。 他にもカスタムをしたり、オーディオの取り付けもやるんですよ。 でも、内装も外装もオーディオもコーティングも全部カスタムだと僕は思っているんです。 コーティングはただのコーティングじゃないようにしたくて、いかにピカピカに光沢を出すかというところにはこだわりを持っています。

運命の出会いですね!

そうですね。 重田代表から「DCC STORY TOKYO」という看板をもらって、ショップとしては東京の1号店になったところからコーティングがメイン事業の一つとなるきっかけになったと思います。

光沢へのこだわりを教えてください。

最初のコーティングを塗る前に「肌仕上げ」っていうんですけど事前準備としていかに凹凸なく仕上げるかにかかっているんです。 光が乱反射しなくなるような下地を作った上にコーティングを塗りこんで磨き上げていく感じです。 下地作りも簡単そうに見えて個人差が出る技術なんですよ。

そういった勉強は社内のスタッフの皆さんと研修会をされるのでしょうか?

日々やっています。スタッフも情報収集はしてくれていますね。 新しい薬剤や磨き用の素材はスタッフみんなで試してみたりしていますよ。 儲け主義に走るとやるべきことをやらずに「コーティング剤だけ塗っておけばいいか」って思うところもあると思うんですけど、僕を含みスタッフはそんな車を何台も見てきたのでいい加減な仕事はすぐ見抜けますよ。

なるほど、今までの経験が現在のスタイルに繋がっているのですね!

8年前に起業した当時は僕1人で何でもやります的なカスタムショップとしてオープンしたんですけどね(笑) いつの間にそうなっていきましたね。

オーディオのへのこだわりポイントも伺って良いですか?

僕自身、カスタムの中でも特に内装カスタムとかオーディオカスタムが好きだったのだったので、最初はそちらをメイン事業にしようと思っていたんですよ(笑) 運転席に座られたときに音楽がまるで自分一人の為に演奏されているようにするのが得意で、そのためのスピーカーの角度やイコライザー調整をしています。 車に元々ついていた純正を別のものにするお客様もいるので、スピーカーの経口が変わると内装のカスタムが必要になってくるんです。 工場に木工室があるので、そこで型を作ったりして車に合わせたものを作るようにしています。

起業される前も車業界にはいらっしゃったのですか?

大型量販店にいました。 弊社のスタッフも大型量販店出身者が多いんですよ!

なるほど!どうりで皆さん対応が明るいのですね!

そう言っていただけると嬉しいです(笑) 僕の理想としては接客もちゃんとできて、各部門のプロフェッショナルがいるというショップにしたいと思っているんですよ!

後藤代表もスタッフの皆さんも接客、サービス、作業を行ううえで心掛けていることはありますか?

「お客様の想像を超えること」ですね! お客様の頭にも「たぶんこうなるだろうな」っていうイメージはあると思うんですよ。 そこにサプライズを加えたい! 納車した車をお見せした時に「わぁ〜!」って驚いてくれる顔が見たいんです。 そこは1番心掛けているポイント! 僕もスタッフも量販店出身ということもあって、ワイパーの下の部分に葉っぱが溜まっていたらきれいにするし、オイル交換のついでにウォッシャー液の残りを確認していました。 当たり前のサービス+1のサプライズができてこそ「車の仕事」なんじゃないかな?

今後やってみたい事はありますか?

近所の方が入りやすいお店にしていきたいなって思います。 今の状態って「車があるけど何屋さん?」みたいな感じなので・・・ お客様からの口コミの方ならわかるけど、近所の人は良くわからないと思うので「近くに車を何とかしてくれるお店があるらしい」って認知してもらえたら良いなと思っています(笑) あとは、僕が元勤めていた大型量販店のように各部門のプロフェッショナルが活躍できるショップにしていきたいですね!

ユナイテッド・グルーヴに相談してみよう

ユナイテッド・グルーヴ

042-306-5345

営業時間:10:00-19:00
定休日:不定休

https://united-groove.jp/