車の匠 No.240 株式会社ボナンザ/東京都武蔵村山市/渡澤幸夫

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

Bonanza

YUKIO WATASAWA

株式会社ボナンザ

渡澤幸夫

ご自身でもキャンピングカーを保有して、 実際にキャンピングカーを使っているからこその豊富な知識、 体験をリアルにお客様に伝えられるのだと思います。

取材:サイバーブレーン永崎

アメリカンのキャンピングカーは、移動式のキャンピングカーとして利用するだけではなく、 定置に置いて、別荘として使うこともできるんですよ

会社を立ち上げるきっかけは?

もう本当にそれは弊社の社長がキャンプ好き、キャンピングカー好きだったからに他ならないですね。

キャンプ場も保有していると伺ったのですが。

那須のほうにキャンプ場を保有しています。 業界では知っている方もいらっしゃるかもしれないですが、田中ケンさんという方に運営をお願いしています。 大型キャンピングカー、大型トレーラーが入ることができ、 水を直接つないだりだとか、排水もつなげる設備がついていますので、 長期に滞在される方たちもたくさんいらっしゃいます。1年を通して営業していますよ。

渡澤さんがこのお仕事をするきっかけは?

元々、私もキャンプが好きなんですよ。 以前は、コンサートなどのイベントを企画するイベント会社で働いていたのですが、 プライベートで那須のキャンプ場でキャンプをしているときに社長と知り合い、 声をかけていただき、気づいたらこちらで働いていましたね(笑) 最初、プライベートで遊びで楽しんでいることを仕事にするのはどうかなと、 けっこう悩んだりもしましたが、どのようなときに便利なのか、どのようなときに使ったらいいのかなど、 そのキャンピングカーの特徴については、経験者ではないとお客様にお話をすることができないこともあり、 今ではプライベートで経験してきたことは、すごく役立っていますね。

キャンピングカーの面白い使い方があるとお聞きしたのですが。

そうなんですよ。 だいたいは、皆さん通常のキャンピングカーとして購入しにくるのですが、 アメリカンのキャンピングカーは、移動式のキャンピングカーとして利用するだけではなく、 定置に置いて別荘として使うこともできるんですよ。 最初、お客さんに驚かれたりしますがちゃんと説明すると納得していただけます。 別荘を建てるよりは全然コストが安いですし、水回り、排水の設備がちゃんとありますので、 どんな小さいキャンピングカーでも部屋として使えます。 個人で購入をして、庭先に置いて離れの部屋として使ったりしている方もいらっしゃいます。 その場合、車検も必要ないですし税金もかかりません。

牽引するほうの車は限られていますか?

エンジンのパワーというよりも、構造的な部分で引っ張れる車は限られてきますね。 やはり輸入車が多くなるかもしれません。 国産の車だと、ランドクルーザーを使っている方が多いですね。

お客様がキャンピングカーを購入されるときに心配されていることってなんですか?

よく聞かれることは、輸入車だけどすぐ壊れたりしないの?大丈夫なの?という質問ですかね。 メンテナンスの部分を一番心配されております。 弊社はメーカーの正規代理店になりますので、 パーツ供給、メンテナンスなどに関しても全く問題ないです。

御社の強みはなんですか?

弊社は購入していただいたお客様のキャンピングカーの設備状況などは、 ばっちり把握していますので、何かあったときには電話をしてもらうだけで、 すぐに最善の解決策を提案できるところだと思っています。

自社のホームページはどのように活用されていますか?

キャンピングカーに関しては皆様すごく気になっているんだけれども、 便利なところ不便なところ、どんな使い方ができるのか、などなど、 知らないこと知りたいことってたくさんあると思うんですね。 それを知ってもらうために、皆さんのキャンピングカー、 トレーラーの活用事例などホームページに公開するようにしています。

これからキャンピングカーを買いたいと考えていらっしゃる皆さまに対してアドバイスはありますか?

キャンピングカーは、10年ぐらいは使うと思っていただき、 その10年間の皆様のライフスタイルと照らし合わせて考えて選んで欲しいです。 なんでも相談にのりますので、ぜひボナンザにお気軽に遊びに来てください。

株式会社ボナンザに相談してみよう

株式会社ボナンザ

042-520-1866

営業時間:10:00-19:00
定休日:火曜日・水曜日

東京都武蔵村山市三ツ藤3-12-1

http://www.bonanza.co.jp/