車の匠 No.4 プラチナモータース/埼玉県 狭山市/筒井 健之

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

PLATINUM MOTORS

TAKESHI TSUTSUI

プラチナモータース

筒井 健之

常にお客様の立場にたちながらも、
長年の運営を可能にする細かな経営戦略。
インタビューしていて、愛車について一環して任せたくなる
リピーターの気持ちが分かるような気がした。

取材:サイバーブレーン可野

「気付きの蓄積が実績なんですよ」

プラチナモータースさんに来るお客さんは、どのくらいの年齢の方が多いんですか?

ワンボックスのミニバンを主力に販売しているので、30代〜40代のファミリー層が多いですね。

主にどんなきっかけで来店される方が多いですか?

お陰さまで、インターネットの口コミ件数が100件を超えまして、ネットを見たお客様からお問い合わせをいただくことが非常に多くなりました。

中古車よりも新車をメインに販売しようと思ったのは、どうしてですか?

中古車を販売しようと思うと、車の状態をチェックして、外装修理や整備、クリーニングをしなければならないので、時間もかかかるし、多数のスタッフが必要なんですね。また、常に新鮮な在庫車両をストックしておかなければならないので、広い展示スペースも必要になるわけです。 うちの店舗はそんなに広くはないし、従業員も多くはない。その状況の中で売上げをあげていくためには、どういう方法が適しているのかを考えたら、新車販売がいいと思ったんです。

なるほど。ところで、筒井社長が車屋を始めようと思ったきっかけは何だったのですか?

元々は飲食業界で働いていたのですが、あるきっかけで自動車販売会社の社長と知り合いましてね。うちで働かないかと誘われて、この業界に入りました。

車両販売だけでなく、カーコンビニ倶楽部プラチナモータースとして整備や鈑金修理なども行おうと思ったのはなぜですか?

以前、勤めていた会社は整備や鈑金をすべて外注していたのですが、地域のお客様により信頼される会社になるためには、販売した車に責任を持つべきではないかと思ったんです。売りっぱなしではなく、アフターサービスにもきちんと対応し、お客様が何でも気軽に相談していただけるような存在になりたい。そう考えて、創業間もなくカーコンビニ倶楽部に加盟しました。

整備や修理がきっかけで、新車をご購入されるなんてこともあるのでしょうか?

ありますね。修理や整備の対応やクオリティを評価していただき、新車のお見積を依頼してくださるお客様も少なくありません。どんな商売でもそうですけど、いかに工夫して「常連さん」を獲得するかが一番のポイントだと考えています。

主力として販売されているというワンボックスカーについてお聞きしたいのですが、ワンボックスのいいところって、どんなところでしょうか?

おじいちゃん、おばあちゃんまで、家族みんなで乗れるところですね。

実は僕、ウィッシュを買ったんですけど、ウィッシュのようにワンボックスではないけれど7人乗りの車ってありますよね。

確かにありますけど、例えば小さなお子さんがいるご家族がみんなで出かけようとすると、まず、セカンドシートに一番小さな子供のチャイルドシートをつけて、その隣に奥さんが乗りますよね。3列目にはお兄ちゃん、お姉ちゃんと、おじいいちゃん、おばあちゃんが乗るという感じになると思うのですが、7人乗りでもワンボックスでないと、こうしたゆとりのある使い方はできません。 また、ワンボックスカーはスライドドアの車が多いので、足腰の弱いおじいちゃんやおばあちゃん、小さな子供たちも乗りやすいんですね。ファミリー層のお客様の場合、予算優先で車を選んでしまいがちですが、ワンボックスには様々なメリットがありますから、お金を出す価値は充分にあると思います。

やはり、商談のポイントは奥さんですか?

そうですね。色とかスペックは旦那さんが決めることが多いですけど、最終的な決定権はやっぱり奥さん。奥様方に当社のメリットをいかに理解していただくかが、商談の大きなポイントですね。

他店にはない、プラチナモータースの強みは何でしょうか?

車の販売でいえば、他店にはまねの出来ない、圧倒的なお値打ち感でしょうか。新車販売の競合相手はディーラーさんですが、ディーラーさんはお客様や担当営業マンによって、値引率が違いますよね。しかし、うちは最初からズバッとお値打ち価格を提示しているので、どのお客様が来ても価格は同じ。かけ引きなしで、公平にお車を購入していただける点が、ディーラーさんにはないメリットだと思っています。

プラチナモータースさんは、1.9%金利キャンペーンを展開されていますが、他店ではなかなかまねのできない金利設定を行えるのはなぜですか?

ひらめき、アイデアですね。詳細はお話しできませんが、ちょっとした気づきの蓄積が、実績になっていくのだと思います。

なるほど、なかなか深いお話ですね。最後に今、若者の車離れが進んでいますが、若い人たちに向けて、社長から何かメッセージなどはありますか?

この間、27歳になった僕の甥っ子が「群馬で仕事をすることになったので、車が欲しい」って相談に来たんですね。お金がないって言うので、10万円で手に入る車を用意してあげたのですが、納車後、「なんかすごく気に入りました」って言って、楽しそうに電話をかけてきたんです。今まで車になんてまったく興味がなかったのに、車を運転するようになって世界観が広がって、車を所有する喜びや憧れなどが、彼の心の中で沸々と沸いてきたんだと思うんです。

そう思ってくれると、うれしいですよね

嬉しいですし、売った方としてはすごくモチベーションが上がります。

今後、若い人たちの間にそういう気持ちが連鎖してくれると、素晴らしいですね。今回は取材にご協力いただき、ありがとうございました。

プラチナモータースに相談してみよう

プラチナモータース

営業時間:
定休日:

http://www.platinum-motors.jp