車の匠 No.48 アクア/東京都 町田市/相澤 克彦

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

AQUA

KATUHIKO AIZAWA

アクア

相澤 克彦

驚いたのは社員の皆さんの挨拶の明るさと、職人ならではの所作の美しさ。 車のボディを磨き上げるその後ろ姿に、ジャパンクオリティという姿勢を感じました。 終わりのない技術を切磋琢磨する、アクアの上質な板金塗装の技術を実際に確認して欲しい!

取材:サイバーブレーン朝妻

「転職してゼロスタートでも「もう板金塗装しかないな!」と思えるくらいだったんです。」

これまでの経緯を教えてください。

25年前からこの場所にあり、15年前から自分が親方になりました。 18歳からこの業界にいて、最初はメカニックをやっていたんですよ。 メカニックは4年くらいやっていたんです。 車をバラバラにして組み立ててという流れが一通り出来るようになった頃だと思うんですけど「そういえばボディってやっていなかったな~」なんて思っていた頃に板金塗装に興味を持ち始めました。 メカニックをやっていた会社で、ボディの塗装は今のこの会社に出していたんです。 塗装とか楽しそうだな~なんて考え始めて入社したのがきっかけです。 車が好きで飛び込んだのがスタートなんですよ。

メカニックから板金塗装に変わられて苦労した事はありましたか?

でも、車は車なんで、やっぱりメカニック的な所も分かってないと出来ない事もあるんですよ。 その頃は時代的にも整備よりも板金塗装の方が華やかな時代だった事もあるのですが、板金塗装をやり始めた時は、ほぼゼロスタートみたいな気持でしたね。 自分としても「このままメカニックやっていていいのかな?」と悩んでいた事もあり、たとえ転職してゼロスタートでも「もう板金塗装しかないな!」と思えるくらいだったんです。 だから修行が厳しくても、まったく苦労とは思わなかったですよ! この世界に入ってからずっと勉強の毎日です。

どこからのお仕事をメインで受けていらっしゃいますか?

ディーラーさんや保険会社さん、あとは地元の中古車販売店さんからもご依頼いただく事があります。 あとは、リピーターさんですかね。 前に修理したんだけど「またちょっとやっちゃったからお願い!」といって車をもってこられたり、リピーターさんの口コミとかで来られる新規のお客様もいるんですよ。 本当にありがたいですよね。 技術がないと保険会社さんの指定工場にもなれないので、社員には技術向上を常々うるさくいっているんですよ。 自分がお客さんの立場なら、キチンと綺麗にやってくれるところでお願いしたいじゃないですか? そこを考えながらコツコツやってきました。

修理と板金塗装の割合はどちらが多いですか?

板金塗装がメインなので、ダントツに板金塗装です。

板金塗装の面白さとはどんな所ですか?

同じ凹みが一つもない、職人によって出せるカラーも光り方も違ったり、奥深いところですかね? 技術に終わりがないところが大変だけど面白いところです。 派手にぶつけたな~と言っていたお客様の車も、良い仕上げだ!と思ってお客様におかえしして喜んでいらっしゃる顔を見ると最高の気分になれますよ! 「え~どこぶつけたか分からないよね~!」というお客様の声が幸せになる瞬間です。

自社の強みは?

「技術力」です! うちのメンバーも、毎日業務の中で心がけて取り組んでる所です。

社員さんの雰囲気が明るかったのですが、何か心がけていらっしゃるんですか?

ここで長年やっていて、いろんな事情があって自分一人になってしまった事があるんですけど、その時はきつかったですね。 寝ないで仕事していましたよ~! やっぱり仲間って大事だな~と実感しました。 今のメンバー(社員)と巡り合ったのは運命ですね! ここにいるメンバーも、元いた会社がつぶれたり、苦労してきた奴が多いんですよ。 そう考えると、元の会社がつぶれたことですら、ココで一緒に仕事をする運命の通過点じゃないかと思えるんですよね。 せっかく一緒に仕事するなら、明るい雰囲気の方がいいじゃないですか? だから、挨拶やコミュニケーションはしっかりするように自然となっていますね。 いいメンバーと巡り合い、日々修行を積み重ね、なんだかんだで25年ですよ(笑)

お客様の層に変化はありましたか?

若い人が少なくなりましたね。 車が好きな人も少なくなっているような気がします。 都内の方だと駐車場代も高いから、気持ちは分からないでもないんですけどね~それはちょっとさみしい気がします。 でも、車ってあると楽しいんですよ! もっとそういう楽しさが若い世代にも広がるといいな~と思います。

年代層のメインは?

若い子もいるんですけど、メインは40代から上になります。 この近辺だとまだ趣味的に楽しむ若い世代もいて、こだわりカラーの依頼があったりするんですけど、やっぱり年齢層も上がってはきているのは確かです。 昔は、走る人、魅せる人みたいなジャンルでもっと車を楽しむ人が多かったんですよ! 一時、マジョーラカラーのボディの車もありましたね。 塗装的に結構難しい技術なんですけど、いまではさっぱり見なくなりましたね(笑)

愛車はなんですか?

レクサスです。 愛娘とデートを楽しんでいます!

表に沢山ある車は販売もされるんですか?

代車です。販売はしていません。 保険会社3社の依頼を受けています。 町田のメイン工場になっていて、代車が15台あるんですけど、それを回しています。 その他の車はお客様からの依頼があって置いている車です。 ありがたい事に、ちょっと今いっぱいで入りきれないくらいなんですけど・・・

これからやってみたい事は?

今は、少数精鋭で最大の利益を出す事をしていますが、もしやるなら拡張はしたいな~とは思います。 現状がいっぱいいっぱいなので、あまり考えられないんですけど・・・ すいません!夢のない男で(笑) しいていうなら若手の育成ですね! 世代交代がいずれ来るので、それを視野に入れて育成をしていく事が今後やっていきたい事ですね!

今後車を買うならどんな買い方をした良いかアドバイスをお願いします。

アドバイスってほどではないんですけど・・・車ってもっと楽しいものだと思うんですよ。 自分の車で彼女を迎えに行ったりって、楽しいじゃないですか? 残価設定とか、カーシェアリングとか車に乗る手段は色々ありますけど、どうせ乗るなら自分の愛車を自分の体の一部みたいに持ってもらいたいと思います。 そうやって車を大事にしてくれる人が増えたら嬉しいです。 もし愛車に何かあれば、ウチでピカピカに板金塗装しますよ!

アクアに相談してみよう

アクア

042-793-0011

営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

東京都町田市根岸町1006-3