車の匠 No.50 ERJスポーツ・レーシング・デベロップメント/東京都町田市/遠藤和久

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

ERJ SPORTS・RACING・DEVELOPMENT

KAZUHISA ENDOU

ERJスポーツ・レーシング・デベロップメント

遠藤和久

コンセプトカーの制作だけでなく、イベントプロデュースなども手掛けている遠藤代表。
レースの話や、作りたい車の話をされる時は、大人でありながら少年のような顔をされる姿が印象的でした。
頭の中がアイデアであふれている代表が開発したコンセプトカーは、やんちゃに見えてエレガント!必見の価値ありです!

取材:サイバーブレーン朝妻

「街なかをレーシングカーが走ってたらかっこいいよね!」

起業までの経緯を教えてください。

元々、自分も車のレースに参加していたんですけど、自分がレースに出なくなってから車関連のイベントをプロデュースを始めました。。 今から40年くらい前ですかね。 最初は自分でもフレッシュマンというレースで走っていて、土屋圭市さんとドリフトマッスルというクラブを立ち上げました。 車の競技をイベント化するため、ドリフトやドラッグレースをJAFFの公式ルールを2年を費やして作ったり、1992年にイムサGTチャレンジを立ち上げたりしました。 そこで色々繋がりが出来て、GTやドリフトで活躍している折戸学さんには弊社で運営しているスロットカーの事業部の役員をしてもらってます。 GTドライバーがお客様で一般のお客様がゼロなんて時もありましたよ。 イベントになる前は、オプションビデオなんかにも携わりましたね。 でも、バブルがはじけて、モータースポーツが下火になっちゃったんです。 その時は一旦モータースポーツから離れて、色んな事やっていました。 その中で不動産屋をやって独立して、やっと時間ができたので好きな車をいじろうと思ったら、元々JAFFに関連した事をしていたので、モータースポーツ関連のオファーが来るようになったんですよ。 その仕事もしつつ、弊社オリジナルのコンセプトカーの販売という現在に至るわけです。

今取り扱っている物は?

BMWのコンセプトカーを作って販売しています。 自分が乗りたいと思う車が2.000万位するような車だったんですよ。 それなら自分でエアロから何から作ってしまおう!それが売れるなら面白いかな?と思ったのがきっかけです。 特殊な車なので、開発費はかなりかけましたけど、年間販売台数がものすごくあるわけではないんですよね。 でも、ニッチで面白い車両と言うことで、かなり雑誌の取材は受けました。 今はハーレーのサスペンションの代理店業務も始めて、その取材もうけました。

コンセプトカーのベースは何ですか?

BMWのE90です。 街なかをレーシングカーが走ってたらかっこいいよね! そんな風に思ってくださるお客さまだけに、BMWのE90を弊社のオリジナル仕様に仕上げて販売をしています。 300万を切って作れる車と考えて、売れなかったら潔くやめようと思っていました。 開発費を考慮すると利益は本当に少ないですよ(笑)

仕入れはどうされていますか?

USSの会員になっているので、そこで買い付けています。

代理店販売しているハーレーのパーツ取り付けはどうされていますか?

ディーラーで取りつけていますよ。 今度、読者モデルさんとハーレーのディーラーで対談形式で取材を受ける事になっています。 女性でもハーレーダビットソンに乗る人が結構いるんですよね。

バイクにも乗られているんですか?

そうですね。 16歳でバイクに乗るようになってやんちゃな時期もあったんですよ。 でも今は、ツーリング行くっていったら、だいたい20台くらいで集まって、新潟や福島やあちこちに行ってその土地のおいしいものを食べて帰ってきます。

愛車はバイクですか?

いえいえ。 BMWの6とか、ベンツのCLA、335i、アルファードあたりですね。

WEB活用はされていますか?

ヤフオクに出したりしていますよ。 販売がメインの目的ではなく、広報の一環として使っています。 車選び.com、カーセンサーにも載せています。 WEBではないんですけど、オートサロンへの展示もしました。

新規と既存のお客様どちらが多いですか?

ほとんど新規ですけど、特殊な車両を取り扱っているので、そんなに毎日問い合わせがあるわけではないですよ。 本当に欲しいと思っている方が見に来るくらいですね。 九州や四国と言った結構遠方の方がいます。

お客様の年齢層はどのくらいですか?

40代~50代くらいかな。 多少余裕が出てきた方が多いですよ。 自分たちの時代は、免許取ったら草レースみたいなのに出てましたけどね。

若い年代がモータースポーツに興味を持つにはどうしたらよいと思われますか?

メーカーがモータースポーツから撤退しているから難しいよね。 Jリーグが流行った時は、モータースポーツじゃなくてサッカーの方にスポンサーも行ってしまいましたからね。 日本で文化として根付くのは難しいと思う。 ヨーロッパのモータースポーツではなく、アメリカのお金がそんなにかからないモータースポーツを周知出来れば少しは盛り上がるのではないか?と思いますよ。

モータースポーツに興味を持ったきっかけは?

当時はモータースポーツって憧れて同然な時代だったんですよ。 免許取って草レースをやっていたころは、メカニックに出すお金なんかなかったから徹夜して自分の車を仕上げてました。 車検待ちで寝るなんて当たり前のようにしていましたよ。 みんなそれでどんどん車に関する知識も身につけていったものです。 どうしてそこまでの情熱がもてたのかは、わかりませんけど、男の子はね、タイヤがついてて動くものが大好きなんですよ! 16からバイクに乗るようになって、その中でも車のレースに出る人は結構いましたね。

今後進出してみたい事はありますか?

DTMの車両をモディファイして町乗りの車を作ってみたいと思います。 アウディ、ベンツあたりですかね。

これから車を買う方へのアドバイスをお願いします。

「本当に自分の好きな車を買う事!」 好みは人それぞれあるから、一概にこれがいいよとは言えないけど、本当に自分の好きな車だったら大切にするじゃない? それが良いと思うんだよね。 あと、免許取りたての人こそ新車で買った方がいいんじゃないかな? なんだかんだ言っても、メーカー保証が付いてるから。

ERJスポーツ・レーシング・デベロップメントに相談してみよう

ERJスポーツ・レーシング・デベロップメント

042-796-5222

営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日

東京都町田市小川1704-1

http://www.erjsrd.com/index.html