車の匠 No.90 ガレージエブリン/東京都世田谷区/青木雄

車の匠は全国の中古車のプロをインタビューでご紹介しているサイトです

車の匠トップページ 

GARAGE EVERYN

YUU AOKI

ガレージエブリン

青木雄

近未来を思わせるガルウイングのBMWが出迎える店舗で、規則正しく陳列されたホイル。 関西発のBMWカスタム専門店で、スマートなストアマネージャーがこれからの展望についてお話してくださいました。 ファンを大切にする、ガレージエブリンならではの魅力を感じられた今回の取材。 ただのカスタムではなく、自社ブランドにかける情熱とお客様を大切にする姿勢にもに注目して欲しい!

取材:サイバーブレーン朝妻

「車はツールであって、ツールを通して同じ趣味を持った人と繋がれるような会社でありたいと思っています」

本店は大阪ですよね?

父が大阪で18年くらい前に立ち上げました。 その時僕は小学生で、父がパン屋から車屋になりました。

東京にはいつから進出されたのですか?

10年くらい前から大阪で、中古車のBMWを買い付けて自社のエアロやアルミ、マフラーを取りつけて「エナジーモータースポーツ」というハウスブランドを立ち上げました。 そこでできあがったコンセプトカーを販売するというスタイルで営業をしていて、大阪まで車を見に来られないお客様が多い事と「エナジーモータースポーツ」の認知度向上のため、3年前に世田谷の店舗をオープンしたんです。

マーケットが出来上がった状態で東京に店舗を構えられたのですね?

お客様のお声ありきではありますが、まだまだ認知度としては高いと思っていないので、これからですね(笑) 関東で弊社のようなスタイルの販売をされている所は少ないので、アンテナショップのような役割を果たしていきたいと思っています。

「エナジーモータースポーツ」のコンセプトカーを拝見すると近未来的のようなのですが、車としてはどのような位置づけになるのでしょうか?

BMWのエムスポーツというグレードがあり、基本的にこのグレードを選ばれる方は人と違った車を楽しみたい方が多いんですよ。 エムスポーツもあくまで純正でそこそこの台数が走っていて、そこでは満足しきれないという方が弊社のお客様層ですね。 「エムスポーツ以上でタウンユースできる車検対応OKな車」という位置づけにはなっていると思います。

デザインは自社でされていらっしゃるのですか?

父がデザインしています。 スケッチを元にクレイモデラーと一緒にミリ単位の調整をしてCADにおこしています。 弊社の作り方はちょっとアナログなので、変わっていますよ。 最初から3DCADでやった方が楽だし、費用も省けるとは思うんですけど、出来上がりのイメージと同じものを作るための作業だと思っています。

変わった作り方だからこそ御社のブランドにお客様が付いてくると思うのですが、御社のお客様に共通する特徴はありますか?

ノーマルを購入してご自身で作り上げるのがお好きな方もいらっしゃると思います。 お客様からは費用と時間がかかってしまって、やればやるほどゴールが見えなくなってしまったという話を伺った事もあるんですよ(笑) そこから、完成していて人とは違う車として弊社のコンプリートカーに移行される方も結構いらっしゃいますね。

そうなるとただの車ではない物を提供されているんですね!

そうですね。 所有する喜び、見られる喜び、走る喜び、そのあたりが提供できるのではないでしょうか?

仕入れはどのようされていますか?

ディーラー入札会やオークションが中心ですが、ディーラー車が中心です。 整備記録簿が残っているものを仕入れるようにしています。

仕入れ後にオリジナルパーツをつけて販売されていらっしゃると伺いましたが、パーツだけの販売もされていらっしゃるのでしょうか?

もちろんパーツ販売もしています。 雑誌やWEB媒体等で取り上げてもらっているので、パーツのみの問い合わせもありますよ。

パーツ販売以外にWEB活用はされていらっしゃいますか?

ベースがBMWのI8で弊社のデモカーにもなっているのですが、この車はSNSでかなり拡散されたので、海外での認知度があがりましたね。 インスタグラムでも広がり、海外の有名な車雑誌から直接オファーが入ったんです。 その雑誌の表紙になった事もあって、海外からパーツの問い合わせが増えてパーツの輸出もするようになりました。

国内での納車実績としては?

ありがたい事に全都道府県に納車させていただきました。 弊社のようなコンセプトカーだと好き嫌いが分かれているので、マスメディアへのアプローチをしていたわけではないんです。 好きな方に知って頂いて、気に入って頂けるようなアプローチを模索していました。 SNS等で国内にも広がって、弊社を気に入って頂けた方からは「エナジーモータースポーツを見てしまうと他が見られない」というお声を頂けた時が至福の瞬間でしたね。

国内でも実際に車を確認できない方はどのようにされていますか?

かなり情報を発信しているので、弊社からの情報や、お客様のSNSで調べてくださっている方がほとんどなんです。 だから、実物を見ずに電話やメールだけで走行距離等を確認して買われる方もいらっしゃいます。 それは信頼頂けているから出来る事だと思っています。

月に何台くらい販売されていらっしゃいますか?

月によってまちまちですが、大阪と東京と合わせて25台前後になると思います。

実際はもっと注文は来ていらっしゃるのでしょうか?

そうですね。 ありがたい事に注文は頂いているのですが、仕入れ~組み立て~仕上げ~納車という工程が、25台以上になると間に合わないのが現状です。

こちらで買われたお客様の車検対応はどうされていますか?

東京はショールームしかないので、大阪にある弊社の認証工場に戻して車検を受ける事にご納得いただけるお客様は弊社で対応させてもらっています。 大阪本社はリフトが5基あったり、陸送費用は弊社で半額負担はしているので、ディーラーに出すよりも安価になるとはおもいますよ! 実際弊社に車検対応までご依頼頂くお客様は金額面も含み、信頼関係でお預け頂いている所の方が多いような気がします。

保証はどうされていますか?

3ヶ月の自社保証をお付けしています。 遠方の方は近くのディーラーさんに入れて頂いて、保証範囲内の物は弊社負担をしています。 こちらにお持ちいただける方は弊社で代車をお出しして、弊社で修理をしていますね。

お客様対応で心がけている事は?

まずはお客様のご希望や好み等を十分伺う事ですね! 押し付けになってしまわないよう、節度を持った接客を心掛けています。 ご家族でお見えになられたお客様には、奥さまやお子様にもお声がけさせていただいて、じっくり楽しんで考えられる環境作りをするようにもしています。 車だけでなく、店舗であったり、弊社ブランドのファンになって頂けるようにとは常々考えていますよ。

ファンになって頂くためにされている特別な事はありますか?

鈴鹿ツインサーキットを貸し切ったイベントを年に一度行っています。 そこでお客様やご家族の皆様をご招待して、コンセプトカーの楽しさを共有したいと思っています。 内容としてはサーキット走行や撮影会、ビンゴ大会もあります。 雑誌社も3社くらい入っているので、盛り上がるんですよ!

お客様を大切にされていらっしゃるんですね!

そうですね。 最初は車から入ると思いますが、最終的には車はツールであって、ツールを通して同じ趣味を持った人と繋がれるような会社でありたいと思っています。

ガレージエブリンに相談してみよう

ガレージエブリン

03-3707-3800

営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日

東京都世田谷区玉川台2-11-4

http://www.everyn.com/default.asp